2009年08月25日

いえカフェ

IMG_3752-330.JPG


仲良しのママ&bebe友とのいえカフェ。
お料理上手なお友達なので、ぜひこのトマトのタルトを食べてほしくって。
フランス人のお友達のママン直伝のトマトのタルト。
焼いたトマトの甘みとエメンタルチーズの深いコク、マスタードの味わいがやっぱり絶妙!
グルメな彼女も気に入ってくれてよかったな♪


IMG_3760-330.JPG


あとは、サーモンとルッコラのパスタやにんじんとツナのサラダなど、いたってシンプルなメニュー。(しかもルッコラに火がとおりすぎてクタクタ。。)
お友達のbebeちゃんはうちのbebeよりもちょうど1歳年下なのですが、ほんとにモリモリ食べてくれて、見ている方が嬉しくなっちゃうくらい。
カタコトに「うん、おいち。」とか言っていて、ほんとにかわいらしかったー。


IMG_3792-330.JPG


デザートタイムは、bebeたちも食べやすいようにと、先日と同じパンプキンプディング、それにクレメダンジュ風 自家製ブルーベリージャム添えを。
お友達のお土産のタルトも加わって、なんだかスイーツバイキングな気分。

途中、ママたちが話しこんでふとbebeたちを見ると、二人で楽しそうに鼻をくっつけあったり、おでこをくっつけあったり。
bebeがちょっとお姉さんぶってる姿がなんだか面白かったな。

まだまだ、甘えん坊で聞かん坊のことも多いけれど、bebeはbebeなりに成長しているのかなと思うと、なんだか胸がジーンとしてしまいました。



下記に参加してみることにしました。
よかったらクリックしてくださいな。



posted by wacco at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

シュガーケーキ

IMG_0924-330.JPG


初めて作ったシュガークラフト。
アトリエ セ・ミニョンのお教室で習ってきました。

白のカーネーションをクリームに、ピンクのローズをいちごに見立てて、シュガーのケーキに。
花びらを繊細に作るのはなかなか大変でしたが、できあがってみると、なんとなくそれらしくなってちょっと安心。
5月の母の日に、ぜひプレゼントしたいな。


IMG_0912-330.JPG


最近のbebeのお気に入りはドイツnic社のplus10。
色別に積み上げたり、交互に積み上げたり、数を数えたり。。
自分の中で、いろいろなイメージがあるようで、「こっちだ、やっぱりこっちだ!」と独り言?を言いながら、かなりの集中。

でもね、「できたー!」と嬉しそうに持ち運んでくる途中で、必ずといっていいほど、つまずいたりしてまた最初からやり直し(笑)

ガンバレー!!

posted by wacco at 14:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

紙ふうせん

IMG_2626-330.JPG


実家の母から送られてきた和菓子、「紙ふうせん」。
母の郷、石川県金沢の和菓子なんですが、お菓子もさることながら、そのパッケージのかわいらしさに思わずパチリ。

IMG_2636-330.JPG


加賀伝統の最中の皮の中には、黒糖や赤葡萄などの錦玉(ゼリー)がつまっていて、とても上品で繊細なお味。

お持たせにぴったりと思っていたら、ちょうど今回のELLE A TABLEの和菓子特集のページにも載っていてびっくりでした。


IMG_2865-210.JPG   IMG_2873-210.JPG


こちらは、京ちりめんの布。
家のそばで見つけた生地やさんには、シンプルなものから、ちょっとツボるような柄の布もあり、見ているだけでもワクワクしてしまいます。
もうすぐ初節句のbebeのために、下に敷いてある赤い布と一緒に買ってみました。

こういう和ものに惹かれるこころ、やっぱり日本人だなーとしみじみ。
posted by wacco at 22:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ペーパーナプキンフリーク

IMG_1225-330.JPG


来客のとき、お菓子を贈るとき、写真を撮るときなど、何かと登場するのがペーパーナプキン。
ちょこちょこ集めていたら、どんどん種類も増えてきました。
シンプルなお皿やラッピングも、ペーパーナプキンを添えるだけで、雰囲気がぐっとかわるからうれしい限り。
ちなみに最近のお気にいりは、やっぱりmarimekkoのもの。買い物に行く度、購入しちゃってます。


IMG_1060-330.JPG


さてさて、こちらはとある週末のブランチ。
トマトとベーコンと半熟卵のピザと、ルッコラのピザです。
ピザカッターを入れるのは、専らだんなさんの仕事。
2人で2枚、ぺろりとたいらげてしまいました。。
posted by wacco at 00:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ELLE A TABLEなランチ

IMG_1034-330.JPG


大学時代の友人と後輩が遊びに来る前日、ランチのメニューをどうしようかなとELLE A TABLEの雑誌のバックナンバーを引っ張り出してきて。。
こんなメニューになりました♪


# じゃがいもとりんごの冷製ポタージュ シナモン風味

じゃがいもはフランス語でpomme de terre、つまり「地下のりんご」。
とろっとしたじゃがいもと酸味のあるリンゴの風味が不思議と相まって、初めてのお味。
シナモンをちょっとふりかけ、オーブンで焼いたりんごの皮をアクセントに。


# れんこんのガレット

こちらは、だんなさんもお気に入りの一品。
すりおろしたれんこんと角切りのれんこんの食感がいいかんじ。
オリーブオイルとお醤油をちょこっとかけて。


# プルーンとルッコラのライ麦パン 生ハム包み

雑誌では、マンゴーチャツネと黒パンを使用していましたが、ちょうど作ったばかりのプルーンのジャムとホシノのライ麦パンがあったので、ちょっとアレンジ。
薄くスライスしたパンにクリームチーズとプルーンのジャムをのせ、ルッコラも合わせて生ハムでまきまき。
プルーンのジャムの甘みとルッコラの苦味、生ハムの塩気がなんとも絶妙!

さらに友人が作ってきてくれたパプリカとキノコのマリネとバゲットで、ステキなランチになりました。

まだまだELLE A TABLEの中には作ってみたいお料理が盛りだくさん。
雑誌を眺めているだけでワクワクしてきます。



posted by wacco at 01:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

黄金色マドレーヌの手順

ブログを見てくださる方から、レシピや手順が知りたいなーというリクエストがあったので、今日はわたしの定番、黄金色マドレーヌの手順を写真に撮ってみました。
と言っても、いたってシンプルなものですが。


272_7298-160.JPG   273_7304-160.JPG


まず、ブリキの型にバターを2度塗り、強力粉をはたいて(beurrer et fariner)冷蔵庫に。

次に生地を作り、これまた冷蔵庫でねかせます。


273_7305-160.JPG   273_7316-160.JPG


絞り袋で、型の8分目くらいまで生地を絞り、オーブンへ。

焼けたら、こぶを下側にして冷まします。

前にも書いたような気がしますが、一番重要なのは、型にバターと強力粉をはたく作業。ここで、マドレーヌの出来はほぼ決まると、コルドンのシェフもおっしゃってました。
お菓子もお料理も、下準備をいかに丁寧にするかで仕上がりに差がでてくるんですね。。


272_7281-300.JPG


ところで、一昨日はだんなさんのリクエストに答えて、ひさびさのグラタンに。チキンとしめじとほうれん草をたっぷり入れました。
ベシャメルソースをゆるめに作り、チーズもパルメザンのみをふりかけたので、クリーミーだけどあっさりとしたお味になりました。

しかもこれをお弁当に持っていきたい!とのことで、次の日のお弁当にもはいりました。でも、はたしてごはんに合ったのかな。。

272_7286-300.JPG


# チキンとしめじとほうれん草のグラタン
# ミディトマトとコーンのマリネ
# ソーセージ
# いちご
# 黒胡麻いりこごはん







posted by wacco at 17:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

Noritake X Afternoon Tea

271_7144-300.JPG


この食器はNoritakeとAfternoon TeaがコラボしたBONE CHINAシリーズ。
一目見たときから、きれいなターコイズブルー&ゴールドの組み合わせと、ちょっとオリエンタルなパピヨンの柄のとりこになってしまい、お店の前を通っては、買おうかどうしようかずっと迷っていました。

結局そのまま時は過ぎ、いざわたしが結婚して会社を辞めるときに、なんと会社の友人がカップ&ソーサーをお祝いにくれたのです!
あまりに嬉しくて、やっぱりこのシリーズは揃えたいと思い、プレートを買いに行った時はすでに時遅し。
デザートプレートやティーポットは全て完売しており、最後に残っていたディナープレートを2枚だけ購入したのでした。。

271_7142-300.JPG


プレートは柄が全面にあって、コーディネートしようとするとなかなか難しいのですが、お料理よりも専らデザートの盛り合わせに使っています。
ちなみに写真のデザートは、ローストしたクルミとシナモンをきかせたバナナローフ♪
飲茶なんかをいくつかのせてもかわいいかもしれませんね。

廃盤シリーズということもありますが、とっても愛着のある食器のひとつです♪


では昨日、今日のdejeuner pour mon mariを。

271_7119-300.JPG


# 和風根菜オムレツ
# ソーセージ
# イチゴ&キウイ
# 黒胡麻ごはん

271_7129-300.JPG


# おからとひじきのコロッケボール
# さつまいものサラダ 自家製マヨネーズソース
# ほうれん草の胡麻和え
# ソーセージ&ミニトマト
# ゆかりごはん

マヨネーズをあまり使わない我が家では、バーミックスで作る自家製マヨネーズの量で十分。その都度作れるので新鮮だし、何よりアレンジができるので、とってもマイルドであっさりした自家製マヨネーズになりました。
VIVA バーミックス!





posted by wacco at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

メリークリスマス♪

268_6875-300-2.JPG


昨日は我が家で1日遅れのクリスマスパーティ。
パスタとチキンとフルーツタルト!というだんなさんのリクエストのもと、以下のようなメニューになりました。


268_6880-300.JPG


# 水菜とカラフルトマトと生ハムのサラダ パルミジャーノ風味
# かぼちゃとじゃがいものポタージュ


268_6882-300.JPG


# YOMEさんのクリスピーチキン

クランブルで衣をつけたクリスピーチキンは、衣がとってもカリカリ&ポリポリ!
YOMEさんのブログでは「モスチキン」と紹介されていますが、だんなさんもモスみたいにおいしい!!と大絶賛でした。
手間はかかるけれど、おいしさはお墨付きです。


268_6886-300.JPG


# ペンネ・アラビアータ フライドガーリック添え


269_6902-300.JPG


# フルーツたっぷりのタルト

昨日のブログで途中経過だったタルト。
イチゴ、オレンジ、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ、バナナとふんだんに盛り付けてみました。
さくさくのタルト生地、バニラビーンズたっぷりのクレーム・パティシエール、みずみずしいフルーツのバランスが絶妙!
18cmのホールタルトを2人で半分近く食べてしまいました。

レストランのようにはなかなかいかないけれど、リクエストにそったディナーもあたたかみがあって、よかったかなと思いました。

ちなみに、だんなさんは今日の朝食にもタルトを食べていきました♪


posted by wacco at 08:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

十五夜

253_5334-300.JPG


小さい頃から、日本の年中行事を家族でしながら育ってきたせいか、昨日の十五夜も大雨にもかかわらず、やっぱり気になってお団子を作ってしまいました。

と言っても、正確に言うと白玉だんご。
先日、実家からもらってきた白玉粉なのですが、実はこれ、江戸時代より350年続いている、九州の「白玉屋新三郎」さんのとても伝統ある高級な白玉粉なんです。

石臼で丹念に挽かれた白玉粉は、捏ねているときからキメ細やかでやさしい手触り。
時間がたっても、白玉だんごのやわらかいもちっとした食感は変わりません。
今まで、白玉粉に特にこだわりをもって買ったことはなかったのですが、こんなにも違うものかと驚きました。

昨日の十五夜デザートはシンプルに黒みつときな粉にバニラアイスを添えてみましたが、これからの時期、ぜひこの白玉だんごでお汁粉を作ってみたいです!





posted by wacco at 00:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

テーブルのスタイリング

スタイリングというタイトルにちなんで、今日は以前通っていたテーブルコーディネイトのスクールから、ちょっとコーディネイトのご紹介。

配色や要素、感性、言葉などで、だいたい大きく8つのイメージに分類されるのですが、コーディネイトする時のイメージがわいたら、あとは上記をうまく調和させてまとめていくと、統一感のとれたものになります。

215_1544-300.JPG


まず、こちらは「ナチュラル」なイメージ。
木を使ったソルト&ペッパー入れやカトラリー。食器は無地でぽってりとした陶器。クロスもベージュの麻のものを、そしてマットはダークブラウンで全体をひきしめています。
もちろん、合わせたお料理もお野菜たっぷりのマフィンサンド。
お料理からイメージを決める場合もありますが、今回はイメージを先に決めて、合わせるお料理をあとからチョイス。


215_1569-300.JPG


こちらは、先にお料理が決まっていて、それに合わせてイメージを決めたもの。
「ポテトとオリーブのアイオリ・ソース」ということで、ちょっとクラシカルなレストランのイメージ。
全体のトーンも重厚な色使いが多く、素材も高級感のあるものを選びます。
ちょっと豪華さをだすために、装飾のあるお皿やスパイス入れでアクセント。
まあ、あんまり家ではやらないスタイリングかな。。。


217_1745-300.JPG


最後は、お酒に合わせてイメージを決めたもの。
「紹興酒」に合うものということで、もちろん雰囲気はチャイニーズ。最近はモダンな中華料理のお店も多いので、あえて黒・赤とちょっとモダンなイメージに。
お料理も合わせて、海老のアジアンカナッペに香草を添えて。奥の取り皿とお箸もおいておくことで、シェアするんだな、という状況も伝わってきます。

と、まあちょっと得意げに書いてしまいましたが、基本は誰と、いつ、どこで、どんな風に食べるのか、ということを頭にいれながら、その中で季節感を取り入れたり、ゲストの好き嫌いを考慮してみたり、そういうこころのこもったおもてなしが、一番ステキなコーディネートなんだと思います。
あとは、あんまり気負いしないことかな。。

なかなか普段の生活では難しいけれど、少しでもそういう気持ちをもって、よるごはんの支度をしてみると結構、楽しいかも。
posted by wacco at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ELLE A TABLE

わたしの愛読書、ELLE A TABLE。
今日は、その「ELLE A TABLE」や「ELLE DECO」などの雑誌の写真を手がける、フォトグラファー山家学さんの公開デジカメ講座に妹と2人で参加してきました。

雑誌内のレシピもさることながら、いつもそのお料理写真やスタイリングに惹かれて雑誌を読んでいたので、とてもワクワク。
素人のわたしにもわかりやすく丁寧な説明で、特に先生のよく使われていた「気配」という言葉がとても印象的でした。

その写真を見て、そこから何か気配を感じるような写真。

例えば、写真の奥に別のセッティングが見えれば、2人で食べにきているのかなーとか、手がちょっとはいっていると、サーブしてくれた人の手なのかなーとか。

あとは、とにかくいろんな方法で撮影してみることが大事とのこと。
セッティングを変えてみたり、アングルを変えてみたり、ズームを変えてみたり。
ついついカッコよく撮りたいと思って、自分の中で決めたフレームでしか撮らなくなりがちですが、今回はとにかくいろいろ遊んでみました。

IMG_2655 3.jpg


2人でパスタランチを食べにきているイメージで奥のセッティングも撮影。

IMG_2653 2.jpg


敢えて真上から。お皿もグラスもキレイな円をえがいていて、何かの広告みたい。

IMG_2654 4.jpg


メインのパスタにズーム。今から食べます!というアピール。
今までにない新たな発見もできて、とてもとても勉強になりました。

と同時に、フードスタイリストの浜田峰子さんより、スタイリングの基本事項までレクチャーいただきました。同じお料理でも、TPOや自分たちのもっている五感、今まで培った経験や知識やイメージなどで、スタイリングががらりと変わります。

IMG_2660.jpg IMG_2661.jpg IMG_2659.jpg


最初のは「カフェ風」
明るく、オープンテラスなどで元気にというイメージから、食器やお花も明るいかんじ。
続いて、「カジュアル・ランチ」
カフェよりもやや洒落たかんじで、白いワンプレートでコーディネイト。
最後は、「本格ディナー」
お皿もパスタの赤と補色のグリーンを合わせて。キャンドルやワインがあると、それだけで夜の雰囲気になります。

外があいにくの雨だということを忘れるくらい、とっても楽しいひとときでした。

ちなみに余談ですが、今回の講座は定員30名のところを300名もの応募があったそうです!
このような機会をいただけて、ELLE A TABLEの雑誌社の方に改めて感謝です。
merci!

posted by wacco at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

Villeroy&boch

chemex.jpg


友人にいただいたCHEMEXのコーヒーメーカーの専用フィルターを、先日やっと購入したので、今日は初ドリップ。コクはあるのだけど、透きとおった味にしあわせを感じながら、Paris s'éveilleのパンと一緒に、朝から心地よい気分。
パンはバジル&ドライトマトとクルミ&ドライイチジク。
トマトの方はもちもちっとした食感とバジルの風味があと引くおいしさで、ドライイチジクの方は噛めばかむほど味わい深くなる王道のおいしさ。薄くスライスしてランチにもいただきました。

paris seveille.jpg



お菓子作りやお料理が好きなわたしにとって、食器も大事な要素の一つ。
おいしさは味覚、視覚、聴覚、触覚、嗅覚の5感で感じると言われていますが、
「おいしい!」という感情の80%は視覚によるものからだと言われています。
なので、もちろんお菓子やお料理のそのものや素材にも気を遣いますが、食器やテーブルコーディネートといった食空間も大事にしたいなって思っています。

そんなコーディネートの勉強も兼ねてと思い、先日Villeroy&Bochのテーブルコーディネートコンテストに応募してみたところ、なんと入賞の通知が!!
お店に写真が展示されるとのことだったので、昨日たまたま仕事が休みのだんなさんと一緒に見にいってきました。
下が応募した写真。テーマはune assiette à dessrt(デザートワンプレート)
応募者がそんなに多くなかったようでしたが、初めての経験だったので、まずは第一歩!と大喜び。これからも気取らずに、日常にさりげなく取り入れられるスタイリングをしていきたいです。

villeroy contest.jpg


こちらは、記念にいただいたマグカップ。いい思い出になりそうです。

villeroy.jpg



ではまた最後はdéjeuner pour mon mariを。昨日はお蕎麦だったので、ちょっとボリューム不足ですが、たまにはいいかな。

0606LB.jpg


# 新じゃがとベーコンの煮物
# ちくわの磯辺揚げ
# ゆでたまご&ミニトマト



posted by wacco at 17:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 食 : スタイリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする